中国地方の桜名所ツアー

錦帯橋の桜ツアー2018年!岩国市の名橋でお花見

錦帯橋

錦帯橋(きんたいきょう)は山口県岩国市を代表する観光スポットで知られています。

錦川に架かる橋で、日本三名橋に数えられ、その特徴は木造橋!
となり、1673年に完成しました。

現在からすでに300年以上は経過しても、五連のアーチによる美しい景観を描く姿は、在りし日の日本の風景を思い出させてくれます。

また錦帯橋の見た目の奇抜さから日本三大奇橋にも数えられ、岩国市を訪れないと出会えない風景になります。
(錦帯橋のほかに山梨県大月市の猿橋、富山県黒部市の愛本橋があります)

 錦帯橋の桜の特徴について

錦帯橋を観光するなら桜が咲き誇る季節、美しい春がおすすめです。

錦川沿いの桜並木をはじめ、隣接する吉香公園(きっこうこうえん)は、旧岩国藩主の吉川家居城跡地を整備した場所です。

錦帯橋畔と、その周辺は花見スポットが多く集まることから、桜が咲く季節には多くの観光客でにぎわいます♪

見頃はいつ頃?

錦帯橋と満開の桜により、美しい調和を織り成すあたり一帯の風景は、「日本さくら名所100選」にも数えられ、錦帯橋は国の名勝に指定される観光地です。

錦帯橋の桜の見頃は、3月下旬から4月中旬までになります。

ソメイヨシノを中心に八重桜など、約3,000本もの桜が、春の訪れと共に咲き誇ります。

3,000の桜が一斉に開花することで、錦帯橋を中心に辺り一面が薄紅色に染め尽くされ、その美しさは圧巻の一言!

ソメイヨシノから咲き始め、その花びらを散らす頃になると、次に4月中旬から吉香公園一帯の八重桜がシーズンを迎えます。

錦帯橋ではほかの桜の名所と比べて少し長めに満開の季節を楽しめると思います。

錦帯橋のお勧めビュースポット!

錦帯橋の桜の楽しみ方として、岩国城へ行くロープウェイを利用し、山からあたり一面を見下ろす楽しみ方があります。

眼下に広がる桜色に染まる景観は違った趣があり、錦帯橋を違った角度から鑑賞することができるのでお勧めです♪

さらに夜桜鑑賞も、錦帯橋の楽しみの1つになるでしょう!

夕方から、ぼんぼりに明かりが灯され、桜のライトアップがされます。

そして錦帯橋が明かりに灯され、その明るさが黄金色に染まり、桜と錦帯橋が川面に映ると2色の幻想的な光景を描き出します。

少し歩き疲れたら、夜桜見物も芝生の広場で休憩することが可能なので、錦帯橋一帯は1日を通してお花見を満喫できますよ!

 錦帯橋を観光するならツアーがお勧め

錦帯橋は一年を通じて観光客が訪れますが、特に桜が咲く季節はさらに人気の観光スポットになります。

現在は大手旅行会社による桜ツアーを催行していますので、地元グルメを堪能したい!温泉に入りたい!もっとお得に旅行したい!と考えているならツアーに参加してみてはいかがでしょうか^^

錦帯橋の桜ツアー予約!

あなたも山口県の名所「錦帯橋」の桜を観に出かけてみませんか? 日本三名橋にも選ばれた希少価値の高い橋と桜のコントラストが目の前に広がっていることでしょう。

 

ご家族、ご夫婦、お友達、恋人と一緒に山口観光に出かけて最高の想い出をつくってください。

 

錦帯橋の桜ツアーは予約殺到が予想されますので早めのご予約をお勧めします!


ご予約はこちら